内視鏡室

特色

  • 内視鏡室のスタッフは、看護師2名、臨床検査技師2名の計4名(日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡技師2名)で構成しています。検査医は5名で、曜日によって担当医が決まっています。
  • 経験豊富な医師、看護師、技師による連携のもと、患者さまに安心・安全で迅速かつ信頼できる検査・治療を提供できるように心がけています。
  • ハイビジョン観察が可能な内視鏡や処置用の内視鏡を含めた各種内視鏡を揃えており、疾患・治療に応じた選択が可能です。さらに、病変の早期発見や診断を目的として、色素散布や狭帯域光観察などを実施しています。
  • 経口内視鏡検査で嘔吐反射が強い方には経鼻内視鏡検査も行っています。
  • 内視鏡的治療では、消化管出血止血術や異物除去術、ポリープ切除術、粘膜切除術、経皮内視鏡的胃瘻造設術、消化管の狭窄や通過障害に対する拡張術、早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術を行っています。
  • 内視鏡の感染対策として、一回の検査毎に内視鏡自動洗浄消毒装置を使用して日本消化器内視鏡技師会のガイドラインに基づいた十分な洗浄・消毒を実施し、安全性の向上を図っています。さらに、内視鏡の洗浄・消毒の質と信頼性を高めるため、洗浄消毒履歴管理にも取り組んでいます。

 

 


週間内視鏡検査担当表

 
午 前 藤東寛行 大場未紀
古橋 隆
渕上忠史 藤東寛行 大場未紀 交替
午 後 藤東寛行 藤東寛行 藤東寛行 藤東寛行 藤東寛行
  渕上忠史 渕上忠史 渕上忠史 渕上忠史 渕上忠史
  大場未紀 大場未紀 大場未紀 大場未紀 大場未紀
  石川伸久 石川伸久